MENU

一重の魅力、二重の魅力

人と会話する際、写真を見る場合、様々な場合に置いても対人状況であれば視線と視線を重ねる機会は非常に多いと誰もが感じると思います。その際には顔周り、どうしても目を見る癖が付くのが人と正対するという事であり、人の顔を覚える際も目をパーツの一つとして特徴を捉え、覚える場合もあると思います。つまり、目は人間という生物にとって非常に重要な対人のためのパーツであると考えられます。
生まれつき目つきの悪い人が損をするというのは良く創作物で見たり聴いたりする話だとは思いますが、私個人もあまり目つきが良くないためにそんな創作物に似たような経験をした事があります。きっと他にも大勢いると思います。
私自身相手の目をまっすぐ見るタイプの人間なため、相手に少し気味悪がられているのかもしれませんが、見ている私はその目からその人物の第一印象を感受しています。
単純に分ければ一重と二重で良く分けられる目ですが、その中でもタレ目、つり目、大きい目、小さい目と様々な種類が存在します。
私の経験則ではありますが一重の方は眦が鋭い、というタイプの方が多く、二重の方はタレ目が多いと思っています。そのどちらにも魅力があり、どちらも素敵なのですが、一重の方の多くは切れ長の目、鋭い目つき、と怜悧な印象を相手に与えやすく、狐顔と良く例えられていると思います。また二重の方はその逆で、可愛らしい、優しい目と、どちらかと言えば丸い雰囲気の狸顔と例えられている事が多いように思います。
今の例えの通りで、狐と狸だったらどっちが好きなんだ? と問われて千差万別の好みの答えが返ってくるのは容易く想像できます。私個人的な話をすれば切れ長の瞳の方の方が好みではあるのですが、そのまた逆のタレ目の方が好みだ。という方もいると考えられます。
結論としては、わかりきった事ではありますがどちらも魅力があり、そしてどちらも美しく可愛らしいという事です。
目にコンプレックスを抱えている方も多いからこそ、アイプチやら何やらが世に出回るのだろうと想像していますが、自然体のままでも皆美しく可愛いのだと私は唱えたいと思います。

このページの先頭へ